ルーセント歯科・矯正歯科ブログ

悪い歯並びについて

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを言います。
不正咬合は、見た目が気になるほか、ガタガタに生えている歯並びのため、すみずみまで歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすいです。そのため、虫歯や歯肉炎、歯周病の原因になりやすいと言われています。

不正咬合は特徴に応じて、いくつかの種類に分類されています。
例えば、
・出っぱで笑うと歯茎が出すぎるのが気になる…上顎前突[じょうがくぜんとつ]
・奥歯は噛み合っているのに、正面から見ると上下の歯の間が開いてる…開咬 [かいこう]
など、いろいろな種類があります。

治療方法は様々で、不正咬合の種類や症状、患者さんの要望、生活習慣、担当医の診断などによって異なります。

ルーセント歯科では患者様のそれぞれにあった治療法を

ご提案致しますのでお気軽にご相談下さい。

ルーセント歯科・矯正歯科

矯正治療
治療内容紹介
歯並びでお悩みの方へ
治療の種類・料金
治療の流れ
おすすめ矯正
ブライダル・成人式矯正
就活矯正
スポーツ矯正
診療科目
セラミック
ホワイトニング
予防歯科
ブログ カテゴリ一覧
ルーセント歯科・矯正歯科ブログ

35.17549408118241,136.88108929999996

ルーセント歯科・矯正歯科

35.1749679,136.88108929999999