正確な治療計画や
適切な判断が求められる
「インビザライン」

インビザライン矯正について

マウスピース矯正はデジタル技術のサポートもあるため手軽な印象がありますが、治療計画を立てるのは歯科医師です。また、インビザラインはワイヤー矯正と同じかそれ以上に難しい矯正方法で、治療には正確な治療計画や経験に基づく適切な判断が求められます。

当院の院長・伊藤秀哉は「ダイヤモンド・プロバイダー」です。

ルーセント歯科・矯正歯科の院長「伊藤秀哉」は「ダイヤモンド・プロバイダー」です。

ルーセント歯科・矯正歯科では一般矯正とマウスピース矯正を知り尽くした歯科医師によるインビザライン治療を行い、患者様に「快適」かつ「誠実」な治療を実感をしていただきたいと考えております。

※この認定制度は歯科医師の治療実績に対して、アライン・テクノロジー社が一年毎に決定するインビザライン実績評価です。
「~プロバイダー」が実績のランクになります。

インビザラインについて

マウスピース型の歯科矯正「インビザライン」

マウスピース型の歯科矯正「インビザライン」

インビザラインは、従来のワイヤー型と異なるマウスピース型の歯科矯正です。透明の「アライナー」と呼ばれるマウスピースを使用して治療を行います。金属製のブラケットワイヤーほどではありませんが、アライナーを装着している時に多少の締め付けられるような窮屈さを感じることがあるかもしれません。しかし、食事や歯磨きをする際に、自分で簡単に取り外すことができるのが最大のメリットです。

矯正先進国「アメリカ」で誕生し、全世界で約400万人以上の実績

歯科矯正の先進国であるアメリカで誕生した「インビザライン」は、世界80カ国以上、約400万人の患者様が矯正治療として使用しています。様々な矯正治療の方法がありますが、実績・症例数・歴史・サポート体制など、様々な点から考慮し、当院ではインビザラインを採用しております。

3D画像でシミュレーションし、理想の形に整える

3D画像でシミュレーションし、理想の形に整える

オリジナルソフトウェアの3D画像を見て、患者様にとってベストな状態をシミュレーションしながらアライナーを製作します。身体への負担を考え、一度に歯を動かすのは0.2mm程度。平均30~50段階に分けたアライナーを1~2週間毎に交換し、理想の歯並びを作り出すために最適な力で少しずつ矯正する設計になっています。

インビザラインには多くのメリットがあります

メリット1 矯正装置が目立たないので、視線が気になりません
メリット1 矯正装置が目立たないので、視線が気になりません

金属製のブラケットワイヤーの場合、どうしても他者からの視線が気になってしまうという方も少なくありません。しかし、インビザラインは透明なマウスピースなので、目立ちにくく、人から気づかれにくいという特徴があります。

メリット2 痛みや違和感が少ない

3D画像で歯の移動を予測しながら、必要最小限の力で矯正します。そのため、矯正治療に伴いがちな痛みや違和感が少ないのも嬉しいポイントです。金属のブラケットは口腔内を傷つけてしまうことがありますが、マウスピース型ならそのような心配もいりません。また、お口の中に金属を入れることに抵抗がある方や、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けていただくことができます。

メリット3 取り外しが簡単なので、お手入れがしやすい
メリット3 取り外しが簡単なので、お手入れがしやすい

歯に固定されてしまっている矯正装置とは異なり、自分で手軽に着脱ができるため食事や歯磨きを普段通りに行うことができます。また、マウスピースは丸洗いができ、1~2週間毎に新しいものに交換するので、いつも清潔な状態を保つことが可能です。

メリット4 少ない通院回数で、計画的に治療ができます

従来のワイヤー型矯正は歯の移動に合わせてワイヤーを調整するため、定期的な通院が必要です。しかし、インビザラインはご自身でマウスピースを交換するスタイルなので、通院の回数が少なくて済みます。お仕事が忙しい、遠方からの通院などの理由で通うことが困難なご事情がある患者様でも、少ない負担で計画的に治療が可能です。

メリット5 いつでも安心して始められます
メリット5 いつでも安心して始められます

結婚式やパーティー、イベントやビジネスシーンなど、大切な場面が控えている場合でも矯正を断念する必要がありません。装置が透明なので装着していても目立たない上、ご自身で簡単に着脱が可能。一時的に取り外して、大切な場面が終わってから再装着をするなどのコントロールができるため、いつでも安心して治療を始めることができます。

メリット6 好きなことを楽しみながら治療ができます

従来の矯正装置の場合、スポーツをしている時に金属部分で口腔内を傷つけてしまう、装置が邪魔をして楽器が演奏しにくくなってしまうなどの問題がありました。しかし、マウスピース型の矯正なら、好きなことを思い切り楽しみながら治療を継続することができます。

デメリットを理解して、効果を最大にしましょう

ご自身でのケアと
管理が重要です

インビザラインは、基本的に毎日17~20時間ほど装着しておく必要があります。装着時間が少ないと、計画通りに歯が動かないため矯正が上手く進みません。そのため、ご自身でのケアと自己管理が重要になってきます。

すべての症例に対応できる
わけではありません

歯並びやかみ合わせの状態によっては、インビザラインによる矯正ができない場合も考えられます。

ドクターの知識と経験に
左右されます

インビザラインによる矯正治療は従来の方法と異なるため、ドクターの経験や知識が必要になります。当院のドクターは一般矯正とマウスピース矯正の両方を知り尽くしており、インビザライン実績評価の最上位「ダイヤモンド・プロバイダー」のランクを取得しておりますので安心してご来院ください。

最先端の3Dスキャナー「iTero Element(アイテロ エレメント)」を導入

「iTero Element」は、インビザラインのアライナー(マウスピース)を製作する際に使用する最新機種の3Dスキャナーです。アイテロ エレメントなら、精密なスキャンを快適かつ高速で行うことができます。

矯正治療が、快適・精密・高速になります

快適さがアップしました

快適さがアップしました

快適さがアップしました

アライナーを作るための歯型を採る際、従来は精密印象材(シリコン)を使っていました。印象材をお口に入れて数分ほどお待ち頂く必要があったため、患者様が苦しい思いをしていたのではないかと思います。しかし、アイテロ エレメントを使用することで、短時間で快適に歯型を取ることができるようになりました。歯型をスキャンする速度は、上下の顎すべてを採得しても平均で約1分と高速です。

精度がアップしました

精度がアップしました

精度がアップしました

アイテロ エレメントの最新スキャニング技術により、歯の細かな凹凸まで再現することが可能です。そのため、従来のシリコン印象による歯型採得と比べて、患者様の歯型データの精度が上がり、より効果的なマウスピースを作ることができるようになりました。

時間が短縮されました

時間が短縮されました

時間が短縮されました

シリコン印象材で採得していた時は、できあがった歯型をアメリカに空輸してアライナーを作っていました。そのため、アライナーの到着までに時間がかかり、治療の開始が遅くなってしまう傾向がありました。しかし、アイテロ エレメントは歯型のデジタルデータを瞬時にインターネットで送ることができるので、1~2週間ほど早く治療を開始することができます。

3Dスキャナーを利用した矯正治療の流れ

STEP 01 「iTero Element(アイテロ エレメント)」による歯列のスキャン
(10分~15分)
STEP 02 スキャンからドクターサイトへのデータ移管(約15分)
STEP 03 スキャンデータと処方箋をオンラインで送付
STEP 04 約1週間でクリンチェックが完了

3Dシミュレーションソフトにて、歯がどのように動いていくのかなど矯正治療後のイメージをご確認いただけます。その際に、こうしたいなどの改善要望を反映させることも可能です。
STEP 05 クリンチェックの承認後、約2週間でアライナー(マウスピース)が到着

お口の中のスキャンから、最短20日でアライナーが到着するイメージです。アイテロ エレメントのおかげで、シリコン印象の頃に比べて平均で10日ほど短縮ができるようになりました。

インビザラインの費用

料金 インビザライン・フル
幅広い症例に対応できるスタンダードなマウスピース矯正
(2回まで無料 それ以降1回に付き調整代込みで1万円)
58 万円
インビザライン・ライト
軽度の症例や部分矯正に適したマウスピース矯正
(作り直しは1回だけ無料・マウスピース14個以内)
両顎
48 万円
片顎
28 万円
矯正治療
治療内容紹介
歯並びでお悩みの方へ
治療の種類・料金
治療の流れ
おすすめ矯正
ブライダル・成人式矯正
就活矯正
スポーツ矯正
小児矯正
診療科目
セラミック
ホワイトニング
予防歯科
インプラント