矯正治療 orthodontic
歯並びでお悩みの方へ

乱れた歯並びは、見た目以外にもさまざまな問題を招きます

乱れた歯並びでお悩みの方は、名古屋駅直結の歯医者「ルーセント歯科・矯正歯科」までぜひお越しください。歯並びや咬み合わせが悪い状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」といいますが、不正咬合をそのまま放置することにはさまざまなデメリットがあります。美しい見た目だけでなく、健やかな毎日を送るためにも矯正治療は非常に有効です。こちらでは、不正咬合によるデメリットや具体的な症状についてご紹介します。

不正咬合を放置するデメリット

Demerit1 見た目に対するコンプレックス

歯並びや咬み合わせの乱れが招く最も分かりやすいトラブルが「見た目」です。見た目が悪いことがコンプレックスとなり、人と話したり人前で笑ったりすることが憂鬱になってしまった――という方も少なくありません。コンプレックスによるストレスが積み重なり、体調を崩してしまうケースもあります。

Demerit2 顎の成長・顔のバランスへの悪影響

不正咬合は、顎の正しい成長を妨げることがあります。顎が十分に発達しないと、歯並びや噛み合わせが乱れて顔立ちに歪みがあらわれるケースも。成人の方以上に、現在成長期を迎えているお子様にとってはとても重要な問題といえます。

Demerit3 虫歯・歯周病のリスク

歯並びの悪さは口腔内環境の悪化につながる場合があります。歯が重なったり凸凹に並んだりすると、歯みがきなどのケアが十分に行き届かなくなり、食べかすや汚れがお口にたまって虫歯や歯周病のリスクが高まります。

Demerit4 咀嚼・栄養摂取の効率低下

悪い歯並びと咬み合わせは咀嚼(そしゃく)効率に悪影響をおよぼします。食べものがあまり細かく咬み砕けないと「飲み込み」が多くなって消化が悪くなり、胃腸に大きな負担がかかる場合も。効率よく栄養を摂取できない状況が続くと、健やかな成長が妨げられてしまいます。

Demerit5 発音障害

歯並びや咬み合わせは、発音障害にもつながるデリケートなポイントです。空気が漏れてしまうと、正しい発音ができなくなることがあります。また、日本語だけでなく英語などの外国語をマスターする際にも大きなネックとなるかもしれません。

Demerit6 全身に起こるさまざまなトラブル

咬み合わせの悪さはお口の中だけの問題だけにとどまりません。咬み合わせの歪みから全身の筋肉バランスを崩し、慢性的な肩こりや頭痛といったトラブルを引き起こすこともあり、歯医者で咬み合わせを治療したことでこれらが改善したというケースもあります。

代表的な不正咬合の具体的症状

叢生(そうせい)

「八重歯」や「乱ぐい歯」といった凸凹のある歯並びのことで、一般的に歯に対して顎が小さいことで起こります。見た目が悪いだけでなく、ケアが行き届かないため虫歯や歯周病のリスクが高まる危険性があります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」の状態で、上顎・下顎のどちらが小さいことや、子供の頃の指しゃぶりといった癖が原因となり起こる場合があります。歯ぐきが目立つなど見た目が悪くなる他、咀嚼がしづらくなる、顎の関節に負担がかかるといった弊害が起こります。

下顎前突(かがくぜんとつ)

「反対咬合(はんたいこうごう)」や「受け口」と呼ばれる歯並びで、原因は遺伝的な要素が大きいと言われています。また、舌の癖や成長ホルモンの過剰分泌などが原因で、後天的に引き起こされる場合もあります。咀嚼がうまくいかなかったり、滑舌が悪くなったりします。

上下愕前突(じょうげがくぜんとつ)

前歯や顎が前に出ていることで、口元全体が前に突き出ているように見える状態です。原因は遺伝や指しゃぶり、口呼吸と言われています。歯並びが問題なければ矯正治療は不要ですが、口呼吸になりやすいので虫歯や歯周病になりやすいというデメリットもあります。

開咬(かいこう)

上下の歯を咬み合わせたときに、前歯だけが咬み合わない歯並びのことです(逆に、奥歯だけが咬み合わない状態も開咬と呼びます)。原因は主に幼児期の指しゃぶりと言われています。咀嚼がうまくできず、発音も悪くなります。

矯正治療
治療内容紹介
歯並びでお悩みの方へ
治療の種類
治療の流れ
おすすめ矯正
ブライダル・成人式矯正
就活矯正
スポーツ矯正
診療科目
セラミック
ホワイトニング
予防歯科

35.17549408118241,136.88108929999996

ルーセント歯科・矯正歯科

35.1749679,136.88108929999999