ルーセント歯科・矯正歯科ブログ

矯正治療における抜歯の必要性

患者様のお口の状態によっては、矯正治療にあたり抜歯をしなくてはならないケースもあります。具体的には、生えている歯の大きさに対して顎の骨が小さく、十分に歯を並べるスペースが足りないために歯並びが乱れてしまっている症例などが当てはまります。こういった症例の場合、もし歯を抜かずに治療するとしたら、歯の側面を削ったり、歯列全体を前方もしくは後方に動かしたりして歯を並べるスペースをつくる方法が考えられます。ただし、お顔のバランスや印象が崩れてしまうケースも多いため、基本的には抜歯を行ったうえで治療を進めることをおすすめしています。

矯正治療における抜歯の必要性について

上図のように、抜歯をしないで歯列全体を前に移動した場合、抜歯をした場合に比べると元の歯並びよりもさらに前歯が出てしまうため、お顔の印象に影響が出る可能性があります。

このことから場合によっては抜歯が必要となることがわかるかと思います。

 

矯正治療
治療内容紹介
歯並びでお悩みの方へ
治療の種類・料金
治療の流れ
おすすめ矯正
ブライダル・成人式矯正
就活矯正
スポーツ矯正
診療科目
セラミック
ホワイトニング
予防歯科
ブログ カテゴリ一覧
ルーセント歯科・矯正歯科ブログ