ルーセント歯科・矯正歯科ブログ

矯正治療中の歯ブラシ

矯正治療中は歯ブラシがとても大事になります。

そのコツを少しお話し致します。

 

①歯磨きの順序を決める
自分なりにブラッシングの順序を決めましょう。いつも同じ順序で磨くことにより、磨き忘れや磨き残しが少なくなります。たとえば歯の表側を右上→上前→左上→左下→下前→右下、同じように歯の舌側を右上→上前→左上→左下→下前→右下とぐるりと一周した後、上下左右の噛み合わせを磨くといった具合に決めましょう。

②鏡を見て磨く
唇や、頬を指で広げたりして、歯のどの部分を磨いているか、歯の汚れがしっかりと取れたかを確認しましょう。歯や装置の状態を指でさわってみると、歯ブラシのあて方が分かりやすくなります。

③唇と頬のストレッチング
歯磨きをする前に、歯ブラシの背でほほを押し、ふくらませるように伸ばします。左右3回ずつを2,3回くり返します。口のまわりの筋肉を伸ばすことによって、筋肉の動きがしなやかになり、歯ブラシを動かしやすくなり、唇を閉じやすくなります。

矯正治療
治療内容紹介
歯並びでお悩みの方へ
治療の種類・料金
治療の流れ
おすすめ矯正
ブライダル・成人式矯正
就活矯正
スポーツ矯正
小児矯正
診療科目
セラミック
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
ブログ カテゴリ一覧
ルーセント歯科・矯正歯科ブログ