矯正以外の診療メニュー other medical subjects
歯周病

歯ぐきの腫れや出血は歯周病のサインです

歯周病は自覚症状に乏しく、それゆえに多くの方が軽視しがちなお口の病気です。しかし、放置を続けてしまうと深刻な歯周病へと発展し、最悪の場合は歯を失うことにもつながりかねません。矯正治療・セラミック治療を得意とする名駅(名古屋駅)直結の歯医者「ルーセント歯科・矯正歯科」では、歯周病治療も行っております。お口の見た目にこだわりたいなら、まずは歯周病を正しく改善して歯と歯ぐきの健康を保ちましょう。

歯周病とは?

「歯ぐきが腫れている」「ブラッシングで出血した」といった症状は、歯周病が進行している証拠です。もしこれらの症状があるなら、早めに治療を行うことが重要です。プラークに潜む歯周病菌が炎症を起こすことで、歯ぐきなどの歯周組織が少しずつ溶かされてしまうのが歯周病の怖いところ。炎症が広がると歯と歯ぐきの間にある「歯周ポケット」がどんどん深くなり、最終的には歯を支える顎の骨(歯槽骨)が溶かされてしまいます。

歯周病の進行と症状

本来歯ぐきは薄いピンク色をしており、指や舌で押しても歯がグラつくことはありません。しかし、プラークや歯石が歯周ポケットにたまることで歯周病が進行すると、薄いピンク色が赤黒く変色し、指や舌で押すと歯が揺れるような感覚が出てきます。

軽度歯周炎

初期段階の歯周病である「歯肉炎」が進行し、歯周ポケットの溝が深くなった状態です。歯周病菌が歯槽骨にまで達してしまいます。

中等度歯周炎

歯槽骨が半分程度まで溶かされた状態です。指や歯で押すとグラつき、歯ぐきの腫れや出血が悪化します。また、歯が浮いた感じや口臭がきつくなるなどの特徴も見られます。

重度歯周炎

歯槽骨のほとんどが溶かされてしまった状態です。支えを失った歯はグラグラと揺れ、最終的には自然に抜け落ちてしまうこともあります。

実は危険な歯周病の特徴

特徴1 5人に4人がかかるとても身近な病気

自覚症状の少なさから気づかれていない方も多いですが、実は、歯周病は日本の成人の約8割が罹患しているもしくは予備軍であるといわれているほど蔓延している病気です。

特徴2 歯を失うリスクは虫歯より高い

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です。これは、歯を支える土台に対してダメージがあるためで、実は虫歯よりもずっと歯を失う確率が高いのです。

歯周病は全身にも悪影響をおよぼします

歯周病はお口だけでなく、実は全身に対してもさまざまな悪影響をおよぼすことが分かっています。

心疾患・脳疾患

歯周病菌が口腔内から血管に入ると、血栓がつくられやすくなります。そのため、心臓や脳の中で動脈硬化のリスクが高まるといわれています。

糖尿病

歯周病菌が血管に侵入すると血糖値を下げる働きをするインスリンの生成が抑制され、血糖値を上昇させます。歯周病と糖尿病は、互いに合併症を引き起こす関係にあるとされています。

早産・低体重児出産

妊娠中はホルモンバランスの変化などによって、妊娠性歯周炎になりやすくなります。妊娠性歯周炎は、早産や低体重児出産のリスクを高めることが分かっています。

歯周病治療の流れ

Step1 初診・ヒアリング

初診では、患者様の症状やお悩みごとについてカウンセリングでしっかりうかがいます。

Step2 検査・診断

必要に応じてレントゲン検査・歯周ポケット検査などを行い、歯周病の進行状況などについて調べます。

Step3 歯周基礎治療

歯みがき指導、歯垢・歯石除去・咬み合わせ調整などの基礎処置を行うことで、軽度の歯周病であれば改善できる場合もあります。

Step4 検査・診断

さらに検査を行い、歯周病の状態について確認します。

Step5 歯周病外科手術

歯周基礎治療では完治が難しい場合、外科手術を用いて治療を行います。それぞれの状態に合わせて適切な手段・場所(当院以外の場合もございます)をご提案いたします。

Step6 検査・診断

歯周病外科手術の後に再度検査を行い、術後の状態を確認します。治りきっていない部分があれば、再度手術を行います。

Step7 定期検診

歯周病の治癒を確認できましたら、その状態をいつまでも維持するために定期検診をおすすめしています。

矯正治療
治療内容紹介
歯並びでお悩みの方へ
治療の種類
治療の流れ
おすすめ矯正
ブライダル・成人式矯正
就活矯正
スポーツ矯正

35.17549408118241,136.88108929999996

ルーセント歯科・矯正歯科

35.1749679,136.88108929999999